日本国内にも多くのピルが存在しています。
医師に症状や体のチェックしてもらい、まずは正しい使い方、あっているピルを紹介してもらうのが大切です。
使い方を間違っていては効果を発揮できないばかりか、体に負担をかけてしまいます。
しかし、しっかりと使い方を把握して体への違和感もないとわかったら、毎回医者へ行くのも手間がかかってしまいます。
また、診察代とピル代金は安いとは言えません。
そこでピルを自分で購入することも1つの方法です。
正規品を購入して、使用方法を守れば大きなトラブルにはなりにくいでしょう。
最近注目されて生きているのが中用量ピルのジェニーです。
ジェニーは避妊薬としてはもちろん、長く婦人病の治療薬としても使われてきた実績があります。
例えば月経困難症、子宮内膜症、月経不順、月経前緊張症などの改善に処方されることが多かったピルです。
通常は1日1錠の摂取となっています。
病院から処方してもらう場合には診察代もかかってくるので値段は高くなります。
しかし、海外のジェニーをピルだけ購入する場合のだいたいの相場があります。
1シート28日分の約一か月分で、1000円前後からあります。
1000円を切っているお店もあるので、割とリーズナブルで続けやすいと言えるでしょう。
高くても1500円くらいで収まるので負担なく手に入れることができます。
もちろん、値段だけではなく信頼おける先から購入すること、使い方を守ること、ピルの使い方を医師からしっかりと学んでいることなどは前提です。
ジェニーは長年、婦人科系統の治療に使われていますので安定した品質です。
今もポピュラーなものの1つで値段もお手頃なので、試してみる価値があります。