避妊薬は女性が自主的に避妊できる

避妊薬はあまり日本の女性の中では普及していません。
「よくわからないから怖い」「避妊は男性側に任せる」など使用しない理由は様々ですが、ピルには避妊以外にも効果があります。
まず一つ目は、生理トラブルの改善です。
月経周期が安定するだけではなく、月経痛、月経前症候群の緩和にも効果があります。
毎月の月経痛はとても辛いものです。
ひどい人は、あまりの痛みに仕事や学業に影響が出ることもあります。
その月経痛が、ピルを使うことにより落ち着きます。
また、イライラや肌荒れといった月経前症候群を和らげることも出来ます。
生理前はとにかく些細なことにイライラし、ブルーになります。
自分が辛いだけではなく周りの人たちにも迷惑をかけてしまいます。
その厄介な月経前症候群が抑えられ、明るい気分のまま、決まった日に生理を迎えることができます。
二つ目の効果は、婦人系疾患の予防が出来ることです。
子宮内膜症や卵巣がん、子宮体がんなどのリスクが、ピルを飲むことによりある程度抑制出来るということが、最近わかってきています。
排卵数を少なくすることにより、これらの婦人系疾患の予防が出来ます。
最後の効果は、妊娠しやすくなるというものです。
ピルの誤った認識として、「妊娠しにくくなる」といったものがあります。
しかし、本当はその逆です。
妊娠したくないときはピルを飲み、しっかり自主的に自分の体を管理します。
パトナーと話し合い、妊娠したいと思ったら、ピルの服用を中止すれば妊娠出来る体に間もなく戻ります。
ピルを使うと妊娠しにくくなるのではなく、ピルを使うことにより決まった時期に妊娠しやすくなると考えましょう。
以上が避妊以外のピル効果です。
ピルは女性が自主的に避妊を目的として使う最適な薬です。
パートナーがいない方もピルを使うことにより、安心して女性を楽しむことが出来ます。
月に一度の悩みを改善するためにも、ピルの効果を学んでみてはいかがでしょうか。

保険適用になったピルの心不全リスク

ハートを持つ女性 生理のことで悩んでいる女性は多く、月経時にひどい腹痛や腰痛がある人は、ひどい場合には太ももや背中などまで痛みが広がることがあり、寝込んでしまう人もいます。
このように生理痛がひどかったり、PMSの症状が強かったりする人や生理不順で周期が乱れている人などが、ホルモンバランスをコントロールして苦痛を軽減するためにピルが処方されることがあります。
ピルは避妊薬として普及したため、かつては保険適用外でしたが、近年避妊目的以外で、生理痛や子宮内膜症などの治療目的の場合には、保険が適用されるようになったため、生理のことで苦しんでいる人が症状を改善できるようになりました。
最近よく使われているのが副作用の心配が少なく、安心して飲むことができる低用量ピルです。
低用量ピルは、排卵をストップさせるぎりぎりのホルモン量に設定されているため、大きなホルモンの変化がなく、吐き気やむくみなどの副作用が少ないことが特徴です。
低用量ピルの副作用は、とても少ないのですが、飲みはじめの時には、吐き気などの副作用が出ることがあります。
副作用は一時的なもので、長く続かないので、2~3周期の間、服用を続けて様子を見ることで、気にならなくなる傾向があります。
さらに超低用量ピルであるヤーズという薬もあります。
ホルモン量は低用量ピルの三分の一に設定されていますが避妊効果に関しては低用量ピルと同様なものです。
通販でヤーズが購入できるのも喜ばれている部分です。
ピルを飲んでいる人で、年齢が高く、閉経に近い人や喫煙習慣がある人は、それ以外の人よりも血栓症の発症率が高くなる傾向があるため、心不全を起こすことがあります。
年齢が高い人や喫煙する人の副作用が出る確率は低いのですが、医師に相談してから服用をするかどうか決めることをおすすめします。

アイピルはモーニーングアフターピルです

アイピルを勧める医師 アイピルは、緊急避妊薬のモーニングアフターピルです。
ノルレボのジェネリック医薬品として発売されましたので、コストパフォーマンスに優れています。
緊急避妊薬とは性交渉の最中に何らかの原因でコンドームが破れてしまったり外れてしまったり、予定されていない流れの性交渉などで、後に服用することにより避妊をするものです。
望まない妊娠を避けることは、後々の事態を考える上でも必要なことです。
アイピルの妊娠回避率は、非常に高く信頼性があります。
性交渉から服用までの時間が短ければ短いほど、より高い効果を得られます。
24時間以内の服用による妊娠回避率は95%以上で72時間となると75%となります。
モーニングアフターピルはピルと用途が違い、性交渉をしたときに服用するものです。
アイピルの主成分であるレボノルゲストレルは、着床を抑制したり、精子が受精しないようにする効果があり、ピルのように決まった時間に服用する手間や飲み忘れがないため緊急用として人気があります。
ノルレボは処方箋薬ですので、診療代を含めると1万円くらいかかりますが、アイピルは同じ効果が得られて、1割程度で購入できるのでお得です。
服用は水かぬるま湯で行ない、服用後3時間以内に嘔吐などをした場合、効果が薄れる場合がありますので、その場合はもう1錠服用しましょう。
アイピルは継続使用をするものではありません。
一時的ですがホルモンに影響しますので、緊急用に使用することをオススメします。
副作用は個人差がありますが、下腹部痛や頭痛、不正出血などが報告されていますが、1日から2日で治まりますので心配はいりません。
妊娠を希望しない女性はお守り代わりに持っていると安心です。